初心者でも学べるタイヤ選び!

安全運転をするには|タイヤ選びは安全運転に関係あり

タイヤと交通安全

タイヤ

車に長く乗っているのであれば、タイヤを交換しなければならない時期というものがやってきます。車のタイヤは消耗品であり、だいたい4年くらい経てば交換しなければならなくなります。もちろん、普段から走り続けた嫌を酷使している場合はその限りではなく、更に短い期間で交換することになります。もし、タイヤ酷使し、交換しなかった場合、第事故につながるおそれがある上に、法律違反で罰される恐れがあります。
タイヤには溝がついています。この溝は車のグリップ力を強める他にも、水によるスリップを防ぐために必要なものであり、溝が深ければ深いほどスリップの危険性は減ります。しかし、タイヤはゴムであり、長く使い続ければ使い続けるほどすり減ってしまい、溝はどんどんと浅くなってしまいます。そうなると、雨水などでスリップしやすくなってしまいます。車がスリップして操作不能になり、事故が発生した場合被害が及ぶのは本人だけではありません。他の車や人も巻き込まれてしまい、スリップした場所によっては大惨事になる可能性は極めて高いです。よって、このスリップをなくすために道交法でタイヤの溝の深さに対する指示が出されています。一般的な乗用車の場合、タイヤの溝が1.6ミリ以下になったタイヤは使用してはいけないというものであり、1.6ミリ以下になったものを使っていると法律違反になってしまいます。よって、法律と自分の安全をを守る意味でもタイヤはできるだけ定期的に交換しましょう。

カーナビは新品を

カーナビ

カーナビを導入しようとすると、思ったよりも高額になってしまう可能性があります。そんなときは中古品を購入するという手段もありますが、中古品はソフトの更新などを行わなければならないこともあります。

もっと読む

タイヤ交換を安く

車輪

タイヤ交換の値段を安くしたいのであれば、業者選びが重要です。業者によって交換にかかる費用は変わるため、比較サイトでチェックしたり、近所の業者を調べて安いところを探してみましょう。

もっと読む

タイヤの種類

カー

タイヤと一口でいっても様々な種類があります。雪道を走るのに適したスタッドレスタイヤや、競技場を走るのに適したスポーツタイヤなど環境に適したタイヤは多く、調べると無数に存在します。

もっと読む