タイヤの種類|安全運転をするには|タイヤ選びは安全運転に関係あり
車の模型

安全運転をするには|タイヤ選びは安全運転に関係あり

タイヤの種類

カー

車を走らせるのに、タイヤは必要不可欠な存在です。そんなタイヤには様々な種類のものが存在します。一般的な行動を走るのに適しているものもあれば、スリップのリスクが大きい雪道を走るのに適したもの、他には競技ように特化したものなど、調べれば調べるほど多くの種類があり、人の走行をよりスムーズにしています。
積雪地域を走るのに適しているものに、スタッドレスタイヤがあります。これはゴムが固くなりにくく、溝が水分をかき出す機構をしているためスリップのリスクが大幅に下がっているのです。また、日本のみならず世界各国で開発・使用されていますが、日本で使用する場合は日本製を購入するのが好ましいとされています。理由としては、日本と海外では雪の質が違い、日本の雪は溶けやすいのでよりスリップ対策に特化した日本製のほうが事故のリスクを減らせることができます。
また、競技用のものとしてスポーツタイヤとスリックタイヤがあります。前者は溝を浅くして速さを追求したものです。そしてスリックタイヤは溝を浅くするどころか溝が無く、主に粘着力を利用してカーブなどを曲がります。この2つは、カーブが多い町中などで走るのは少々危険です。なお、スリックタイヤは危険どころか公道で走ると法律違反になってしまいます。その理由は溝がないからであり、溝のないタイヤが公道で走ったら道交法に抵触しまし。ちなみに、タイヤの溝は直線距離を走り続けるよりも信号で停止したりカーブの多い町中のほうがすり減りやすくなっています。